かしわ 認知症対応ガイドブック 完成!

特養本館のご利用者様と職員は焼きプリン、新館はマドレーヌを作り、当日の接待はグループホームのご利用者様が担当。
 ボランティアの皆様に喜んでいただけたかな〜?と一同一抹の不安はありますが、精一杯がんばりました!

沼風苑トピックス

現場でできる人財育成研修会を開催
平成30年3月24日(土)13:00〜16:00

 介護職員の離職率の高さや現場での人材教育がなかなかうまくいかない・・・などの介護現場のお悩み事はどの施設でも同じ。
 そこで、沼風会の研修委員会では、地域の同業他社の皆様にも声を掛けさせて頂き、人財育成の研修会を開催しました。講師は名古屋市にある同朋大学の社会福祉学部教授下山久之先生をお招きしました。下山先生とは先生が松戸の介護福祉士養成施設で講師をされていた頃に職員が何人かお世話になっていたご縁で、今回お願いすることが出来ました。
 先生のお話しを聞き、時々隣同士で現状と照らし合わせてディスカッションをしたりと色々と反省したり、希望を持ったり・・・。
 研修終了後のアンケートでも、94%の方が満足して下さいました。
色々な感想やコメントを記入して下さり、充実した時間を過ごすことができました。参加者は37名。そのうち17名は沼風苑のリーダーたち、残りの20名は柏市や我孫子市の特養、有料老人ホーム、グループホーム、老健など高齢者ケアを担う施設のリーダーや管理職の方達です。
 またこのような現場で活かせる研修を企画していきたいと思います。

 桜が満開に咲くうららかな春の朝、3人の若者が沼風苑の仲間に加わりました。
井手口理事長、佐藤業務執行理事、古家施設長の祝辞の後、辞令が交付されました。
参列した法人のリーダーたちからもお祝いのコメントがあり、今日から始まる新しい
世界に心躍らせるひとときとなったようです。
 入社式の後は、研修委員会の委員による研修がみっちり17:30まで行われ、職場の
ルールや介護技術などを簡単に学んでもらいました。

沼風苑のさくら

 車いすの操作も初めて!・・・という新人もいましたので、車いすの扱い方や操作方法なども
細かく教わりました。
 今はご利用者様の横にいてお話しをお聞きすることくらいしか出来ないけれど、明日からは
現場に入って仕事をしながらのトレーニングが続きます。
 ご面会などでお越しになった際に見かけましたら是非励ましてやって下さい!

「認知症にやさしいまち」を目指している柏市は、この度「かしわ
認知症対応ガイドブック」を発行しました。
認知症のご家族を在宅でケアしている方がよくぶつかる問題の解決のお手伝いとなるようなアドバイスが沢山紹介されています。当法人の佐久間尚実が千葉県認知症コーディネーターの立場から排泄にまつわるコメントを執筆しました。 沼風苑にも置いてありますので、是非お手に取って見て下さい。

今、沼風苑の斜面は花盛り!
枝垂桜がきれいに咲いています。春の訪れを知らせる梅が終わると、駐車場のソメイヨシノに続いて斜面一面に枝垂桜が咲き乱れます。
建物の裏側になっているので、この花は沼風苑の裏側と中からしか見ることが出来ません。隠れた名所です。
この斜面の花が終わる頃にグループホームの斜面に八重桜が咲き始めます。
沼風苑のお花見はまだまだ楽しめます。

沼風苑で最も排泄ケアに詳しい岡田主任が講師です。
まずは自分の毎日の排泄について考えてみました。

辞令交付

入社式 平成30年4月2日(月)

集合写真。沼風苑はその日の主役を上席にするという文化があります。
理事長も理事もこの日ばかりはみんな端っこです。後ろにずらっと並んでいるのは
各部署のリーダーたち。

トップページへ